ネタバレ注意!

 

終わってしまったよ。二期か映画がありそうな感じですが、

二期があったら、今度はエキシで3人が一緒に滑ってそうですね!OPみたいに。

 

追記:さっき1話みて気がついたんだけど、ビクトルのセリフ「ユーリ!」から始まって、ラストに「ユーリ!」で終わってる。演出と構成の完成度の高さと、製作者の作品に対する愛情をひしひしと感じざるを得ない。

 

これまで見てきたアニメの中で総合的に一番かもしれない。音楽も良いし。というか、実際のフィギュアの試合でつかってほしいぐらいです。スケトラ買ってしまいました。

 

自分的にアニメトップランキングなのは

ホスト部(作品としてのまとまり方とテンポ)

ギルガメッシュ(センセーショナルさ。リアタイで見なきゃと思わせるドキドキ感)

ハイキュー(二期、動きがすごかった)

神撃のハバムート(ダンスの動きと月明かりのシーンの美しさ)

なのだけど、ユーリ!!!オンアイスは

1話はとんでもなく神回で、中だるみもなく、伏線も無駄もなく、キャラクターは皆魅力的で、ラストは納得のいく未来を感じさせる後味の良いものだった。

たまに作画の乱れ(動き多いから仕方ないでしょう)があったくらいでパーフェクトでした。

カメラワークの関係でモーションを使えたシーンとそうでないシーンも出来の差があるのかな?

そのため時々、動きに滑らかさがなくなってしまうのでしょうが、おそらくそのあたりの追求はフルCGにでもしない限り無理でしょう。

 

重箱の隅をつつくと

・「離れずにそばにいて」を完コピした時点では勇利は四回転フィリップを飛べていなかった。ので完コピではないでしょう(3回転飛んだのかも)追記:勇利が飛べたのは四回転トゥループとサルコウ(不安定)だけだったので他も三回転かも。

・日本に犬や猫を連れて来る場合、40日前に申請が必要なようです、検疫の関係であのタイミングでは一緒にこれそうにないです。(ショータイプの犬で特別に管理していると特例があるかもしれないけれど)フィクションだし気にしない気にしない。

・11話と12話が駆け足すぎ。息できなかった。エキシで死んだ。(ラストに二人がペアで滑るのではと予想してた人がいた。すごいな)

 

で二期があったら‥‥ビクトルと勇利はロシアで同棲(ぐはっ)してそう。

勇利は女の子が好きだけど、ビクトルはどっちもいけそうなので危険。だけど競技に影響しそうなので引退するまではそうゆう関係には絶対なりそうにない。でも、二人がそうなったとしても、ユリオ以外周りは誰も反対しそうにない(笑)むしろ、ビクトルが中途半端な女性と結ばれそうになったら、世界が平和で無くなりそうなので、相手が勇利の方が良いかもしれない(オイ)というか、ビクトルは勇利のことを犬のように考えてそう。ダンスバトルのときのビクトルの顔がそんなだったし。

 

にしても、時間軸的にビクトルよりユリオの方が勇利を先に気かけてたんだろうなとか思ったら、回想にちゃんと含まれてた。ありがとう。

最終回で怒りながら泣くビクトルがキュートすぎ。このキュートさが多分彼の一番の才能でフィギュアにも現れていそうで無敵だったんだろうなぁ。

ビクトルと勇利にペアで滑って欲しいなぁと願っていたけど、男同士じゃ無理とか思っていたらエキシでやってしもうたよ。ありがとう。

他にも婚約(エンゲージ違い)とか結婚式(みたいの)とか無理だと思っていたらやってしもうたから、あとは披露宴だけでしたが、そういう意味でもエキシありがとう。

オタベックみたいな人と出会えてたら、人生変わっていたと思う。惚れた。

 

とにかく、毎回必ずと言っていいほどニヨニヨしてしまうシーンがあったよ!ありがとう!

 

うう、円盤が欲しいよぉ。はっ!宝くじ買いに行ってこよ!

 

 

 

 

そうだ京都行こう

‥‥っていうのありましたが。

 

東京から新幹線10分おきぐらいに出てますから、思いつきで行けなくもないです。

所用の予定時刻より2時間も前に到着したので、

どうせなので京都駅から歩いて行けるお寺に行きました。

東福寺はとても紅葉が美しい名所なのですが、

残念ながら紅葉は終わっていました。

でも、侘しい感じも冬の京都には合いますね。

 

心が洗われました。

 

 

 

実は20日では収穫できないのに、二十日大根という名前のラデッシュ。

トマトを飼育した軽い土を耕して再利用し、10月1日に種まきして、50日経過してもう少し様子見たかったのだけど、スっぽいのが入っているような様子なので収穫しましたが、

 

全然丸くならない (TT)

日当たりもよくなかったし、土もよくなかったのかもしれないけど。

葉っぱ美味しく食べました。

 

 

 

訳あってiPhone6のままなのです。が、やはり諸々の事情があってAppleWatchはseries2を購入しました。

日本仕様では25日からApplePayでSuicaが使えるようになるのが今回の新機種のウリの一つなので、早速、トライしたのはいいのだけど‥‥

なんでかんでありましたが、駅の改札も通れて決済できましたし、コンビニでチャージも買い物もできるようになりました。(AppleWatch series2で)

 

iPhone用のSuicaのアプリが全くもってアレで、いや、自分のスマホの設定が悪いのか自分の理解能力が低いせいなんじゃなかろうかと半日悩んで、結局解決しなかったので『もしかして二、三日経てばソフトのバグフィックスするのかも』と淡い期待を持って寝ましたが、次の日に何気なくレビューを読んだら、同じように苦しんでいる人のコメント多数。


その中に「Suicaアプリ上で記名式のSuicaを新規で作ったらすんなり出来た」一文を目にし、

 

試しにトライしたら‥‥できました!

ありがとうレビューしてくれた人!

 

iTunesで一度でもクレジット決済していたら、もしかしたら新機種のカードスキャン機能を使わずともクレジットカード情報がApplePay仕様になってWalletに入っていたかもしれないので、アプリのバグかどうかはわかりませんが。

 

結局今の所、自分のように古いiPhoneを使ってSuicaカードを作るのには、JR東日本側のSuicaアプリの中にクレジットカードの情報を入れて決済しないとならない仕様なのかもしれません。決済自体はすぐできました。勝手にAppleWatchアプリの中の「WalletとApplePay」の中にSuicaカードがするっと入って行きました。

 

本来はiPhone7を経由して入れることを前提としているので、それについては割と解説があるのだけど、そうでないケースの場合、Appleのサイトでは「iPhone5以上であればAppleWatch series2に設定できるよ!」的な説明が三行でサラリと書いてあるだけ。なんだかもう解けないパズルをといている苦しみでした。

 

今回、まず、自分のVISAカードをApple Watchのwalletに取り込むのに、『AppleWatchアプリの中の「WalletとApplePay」から設定する』ということが解りにくかった。
はじめにその手順を踏んだのは、iPhone7の手順から先にクレジッットカードを入れていないとSuicaが入れられないのじゃないかと勝手に解釈していたためです。


その作業をした後だったので、余計にSuicaアプリから本当にできるんだろうかと戸惑いました。なんだったんだろう一体。

 

透かし模様のAラインベスト

 

久しぶりの編み物。休み休みで一ヶ月かけてしまいましたが、早い人は集中すれば一週間かからないのじゃないかな。
なんかどうも、透かし模様が苦手でやっと柄を間違えずに編めるようになったのは終わり頃。ダメだなぁ私。
棒針だとやっぱり手が大きいのか大きめのサイズに。まあ、きつく仕上がるよりはいいか。

 

参考本:素敵にハンドメイド9月号
使用糸:リッチモアスペクトルモデム<ファイン>300g(この、<ファイン>は多分もう廃盤になる糸です)
※スペクトルモデムはまだ継続ですが、<ファイン>より太い糸です。


追記(というか愚痴)

や、さあ。クロムクロの喪失感が残っていて、といっても爽やかな喪失感ですが。とか書こうと思っていたんですよ。今期のアニメ。まだ何本も見てないけれど、多分私的には既にキテしまいましたよ。

 

「ユーリ!!! on ICE」

 

1話のビクトルさんのお尻に全て持って行かれました。ハァハァ‥‥

それはともかく

にしてもすごい動きです!フィギュアの世界に引き込まれてしまいそうです。神撃のバハムートの時の酒場のダンスシーンもすごかったけどね。

はじめ「ブリザードアクセル」がアニメ化したのか!と誤解してましたが。

 

これとハイキュー!!3期があれば今年いっぱい生きていけます!!!

!ばっかりですな(笑)

 

 

 

 

7月中旬までは絶好調だったのだけど、
台風が何度か来たり、ハダニが湧いて、おまけにヨウトウムシまで出て来てしまい、ミニトマトやらハーブやら育てていたベランダ園芸は紫蘇以外ほぼ全滅してしまいました。
ミニトマトは天候が良いと11月まで実がなるので残念です。

 

今、ウッカリ芽を出してしまったサツマイモ(安納芋)の葉っぱを育てていますが。
残った土に手を入れて二十日大根でも植えようと思います。

 

本当に農家は大変だと思います。ビニールハウスの偉大さがわかりました。

 

 

 

ということで、劇場版『プラネタリアン〜星の人』を新宿まで見に行きました。

 

レデースディの上に『君の名』がヒット中なせいか劇場はかなり混んでました。プラネタリアンの方の客の入りは半分ぐらいかな。

 

内容の大半は『プラネタリアン〜ちいさなほしのゆめ』の総集編と、屑屋から星屋に鞍替えした男のその後を足した話でしたが劇場版だけでも充分話はわかります。

 

原作は10年前のゲームなせいか、話のテンポのノリが悪いと言うか少し周りいくどい所もあります。

そういった細かい所で色々気になるところがあるものの、それを全て上回るロマンチシズムと壮大さがあり、結末はわかっているくせに最後まで見入ってしまいます。

 

久ぶにり映画でウルウルしましたよ。

 

 

 



*むぅ(♀6才)&た〜ぼ(♂8才)*

いつでも里親募集中

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM