参考本に載っている糸や、ビースや口金を使うのが一番理想的な仕上がりになるのだろうけど、同じものが揃えられるかわからないし、指定糸を使っても仕上がり通りのサイズにはならない可能性があるのでこの際きっぱり諦めて、あちこちの100均を巡って必要そうなパーツをゲットすることにしました。

 

セリア

・3mmビーズ(一袋約500粒だった)×5袋(3袋でよかったかも)

・口金(四角75mm幅)一個

・ビーズ作業用三角皿 三個セット×1

・テグス3mm×1

 

ダイソー

・レース糸20#(銀混じりのグレー)×1

 

あと作業に必要そうなのは定規やレースかぎ針(2号)セメダインか速攻乾燥の木工用ボンド

すみません。レース針はさすがに調達できませんでした。以前売っていたかもしれないなぁ。

 

資料を見ると、本当はレース糸30#でレースかぎ針(4号)ぐらいの組み合わせが良さそうだけど、現状の品揃えでは無理でした。

 

おおよその作業工程はこんな感じ<5工程>

→レース糸を細編みで編んでゲージをとる。多分ビーズを通すとゲージが変わって来るけど、その辺は臨機応変

→必要なビーズの数を算出するために簡単な設計図を書いて細編みの目数を算出する

→糸にビーズを通す(これが一番大変そう)

→設計図をもとに編む

→口金にテグスで取り付ける

 

どんなのが仕上がるのか想像できませんが。作業の進捗をエントリーします。

 

 

 

 

 

 

とかタイトルをつけると、なんだなんだ?とかなりますが。次、何編もうかなぁって話です。

 

今考えているのは

「100円均一でビーズ編がま口にトライ!」です。

 

用途からいうと口金だけでもちゃんとしたお店で仕入れたい気持ちもあるのですが、ビーズ編みの何かを編んで見ないとどんなもんだかわからないので。とりあえず、家にあるレース系の残り糸を使用してチャレンジしてみようかと。

 

 

 

 

 

ソックヤーンでスヌード

Opalソックヤーンでブロックアフガンズヌードの編み図編んでみました。

ソックヤーンでスヌード

ロングピッチのグラデゆえに面白い色の出方をしています。

糸に余裕あると思ったら、なさそうだったので途中からキツめに仕上げたらかなり小さめになりましたが、伸びるので問題無いです。風合いとしては首元にまくにしては少しごわつく感がしますがチクチクするわけではないです。

 

さっくりしていてとても編みやすい糸でした。次編む機会があったなら、面裏関係ない編み方にしてメビウスにした方が使い勝手が良さそうではあります。ソックヤーン故に洗えるのが嬉しいですね。(手洗いだと思いますが)

 

色がとっても素敵なのですが配色的に秋冬なのでこれからは使う機会もないのですが(オイ)

 

参考本:ブロックアフガンクロッシュ2(クローバー株式会社)

糸 Opalシャーフパーテ 羊の群れ(色の名前が素敵ですね)7号かぎ針でキツ目に編んで90g程度

この配色、昔のスタバの紙袋のような?気のせいかな。

 

 

 

 

 

スヌードブブロックアフガン編み

編目拡大

 

拙い技術を糸の面白さと発色がカバーしてくれてます。

 

2月の頭にはもう用意してたのに、結局編むのに2週間もかかってしまった。その上に、糸が2g足りない現象が発生し、とりあえず編めるところまでは編みましたが。

アフガン編み。この模様のタイプは編み方的にはそんなに難しくないのだけど糸の引きの調整が難しい。見本の写真からふわっとあむようにゆったり編んでしまったから糸が足りなくなってしまったのだろうけど。ゆったり編むと裏がボコボコになってしまう。編み直したいぐらいですが、アンゴラが入っているせいかほどきにくいのでやり直しがききません。

 

でもま、

スヌード2

基本的にはこのような使い方をするのがメインだろうから問題なしですが。

 

参考本:ブロックアフガンクロッシュ2(クローバー株式会社)

糸:アンゴラホイップグラデーション(指定糸)3個(じゃ足りなかった。編み方による)

 

 

 

子供の頃、本を読んだだけではどうしても理解できなかったアフガン編み。一度は何かを編んでみたかった。
で、以前から少し気になっていたブロックアフガンクロッシュなる編み方を練習中。


リストウオーマーを作ったはずなんだけど、んーーーーコテ?


残った半分で、適当にアクリルたわしを製作。

アクリルタワシ
アフガン編みとコマ編み。この糸、スタークロッシュで編んだら可愛いかも。
この毛糸、編みやすいけど鍵針ではシャリ感がちょっと強いかな。

1玉並太40g(65m)で4枚編めますね。しかも抗菌、防臭ときちゃタワシにぴったりですな。
肝心のアフガン編みはわかったようなわからないような(おい)

 

‥‥また、つまらぬものを編んでしまった。

 

 

すでに、スマホはケースに入っているのですが蓋のないタイプを選んでしまったので、
ケースに入れたままで入れられるポーチ的な物を自作。

スマホポーチ

作り方はこないだのペンケースの幅を広くしただけ。
ダ○ソーの#20(ひと玉20g)のレース糸一個ではちょっと足りない。

編み方によっては一個でも編めるかも。二個あれば首紐まで編めるかな。


一応、首から下げられるようにはしたけど

実際下げてみると重い‥‥

ポケットの無い服を着た時に活躍できるかな?

まあ、トラベルポーチ的な使い方は出来そうではある。

 

 

ということで、自作しました。
ネットで見かけた手編みのかぎ針入れを参考に、
ダ○ソーの#20(ひと玉20g)のレース糸を2号かぎ針で適当に、
こま編み+引き抜きあみの縁と紐の処理で3時間10g程度でできました。

自作ペンケース

自作ペンケース

そうそう、こんな感じの欲しかったんです。

我ながら結構ファンシーないい感じの仕上がり。

写真だとわかりにくいけど紐は縁を編むときに一緒に編んでしまってます。


それにしてもこのレース糸、編みやすかったし、風合いも悪くない。

他にも何か作って見ようかな。

 

 

 

透かし模様のAラインベスト

 

久しぶりの編み物。休み休みで一ヶ月かけてしまいましたが、早い人は集中すれば一週間かからないのじゃないかな。
なんかどうも、透かし模様が苦手でやっと柄を間違えずに編めるようになったのは終わり頃。ダメだなぁ私。
棒針だとやっぱり手が大きいのか大きめのサイズに。まあ、きつく仕上がるよりはいいか。

 

参考本:素敵にハンドメイド9月号
使用糸:リッチモアスペクトルモデム<ファイン>300g(この、<ファイン>は多分もう廃盤になる糸です)
※スペクトルモデムはまだ継続ですが、<ファイン>より太い糸です。


追記(というか愚痴)

気になっていた◯イソーのペーパーヤーン。たまたま見た本にお手本となりそうな編み図があったのでソレを参考に編んでみました。が、途中で道を見失い(オイ)結局サイズのみ参考なので結構適当。(オイオイ)
帽子
‥‥あれ?悪く無いじゃん。
 
かぶってみると‥‥以前作ったカリメロ帽子よりも全然イケてる!?しかも‥‥これまで編んだ帽子の中で最速で編めた上に一番お金がかかっていない。
 
3個(うまく調整すれば2個でいけるかも)で、時間は半日もかかっていないけど(休み休みなので1日)結構糸が硬く「指が死ぬ」のでそのままつかわずに、一旦解いて手で揉んでから編んだ方が編みやすいです。糸的には10号カギ針ですが、7号で編んだからかもしれません。
参考本 ヨーロッパの手あみ2016春夏
 
紙ゆえかカシャカシャする糸の音に猫がやたら反応してそれをのけるのが結構メンドウだった。


 

帽子

以前、指定糸を使って編んだカリメロ帽子。サイズがぱつぱつすぎて結局かぶる事がなかったので編みなおしました。
や、だって似たようなテイストの帽子結構お高いのです。もったい無い。まあ原価(指定糸の値段)を考えるとそうなのですが。
「なんか、こうゆう形したパンあるよね」とツレに言われ凹みましたが、以前のよりは少しはサマになっているようないないような。サイズが大きいので風が無い日用ですね。

ちなみに以前編んだのはこんなのでした。


参考本
・おとなかわいいニットの普段着(文化出版社)


 



*むぅ(♀6才)&た〜ぼ(♂8才)*

いつでも里親募集中

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM